宮崎
令和4年度 第2回日本東洋医学会 福岡・大分・長崎・熊本・宮崎 5県合同県部会

 

日  時  2022 年10月29日(土)15時00分〜18時20分 

開催形式  WEB配信と現地会場併用のハイブリッド開催
会    場  福岡市東区馬出3-1-1 九州大学(馬出病院) ウエストウィング臨床大講堂 4階   会場の人数制限有り【30名様まで】

参加登録は以下の登録フォームから(10月19日締め切り)

https://forms.office.com/Pages/ResponsePage.aspx?id=DQSIkWdsW0yxEjajBLZtrQAAAAAAAAAAAAMAAP9BhI5UMlZNUDdRU1JVQTY4WkxJNFNCSzRIRzNYNy4u

 

症例発表 1   15:00〜15:30
「当院で経験した興味深い 2 症例の報告(2021 年度)」
原田 直之 先生 飯塚病院東洋医学センター 漢方診療科
当院で加療した興味深い2症例を報告します。1例目は肺癌治癒後の胸部灼熱感。2例目は腰椎圧迫骨 折後の慢性疼痛。いずれも報告の少ない方剤が著効しそれぞれの効果について考察します。

 

症例発表 2   15:30〜16:00 
「難病難治例から学ぶ出血性疾患の漢方治療〜黄連解毒湯の周辺を中心に〜」
坂田雅浩 先生 福山医療センター 消化器内科

何本佑太 先生 福山医療センター  内科

須山敦仁 先生 福山医療センター  内科

出血は、血管壁の破綻、内皮からの漏出、止血凝固機構の障害により生じる。原因不明、治療法未確定の難 病、難治の病、”治療”の有害事象・・、これらに合併する現代西洋医学でも難治性の「出血」に焦点を当て、 漢方の魅力に迫る。

 

教育講演   16:00〜17:00 
「水毒とその健康指導法」
江島 俊哉 先生  大里薬局
水は飲めば飲む程良い。血がサラサラする」中国でも日本でも漢方の歴史上、そのような教義は知り得ません。かえって「水毒」や「湿邪」と称し飲みすぎを戒める事ばかりです。水毒の理論的根据を元に薬局で行っている健康指導法を発表します。

 

休憩  17:00〜17:10 ガイダンス  17:10〜17:20

 

特別講演 17:20〜18:20
「書を読み、法を用い、未だ方を守らず、心を得るとなす。」
中島 正光 先生 広島国際大学生薬漢方診療学講座・広島大学病院漢方診療センター
書物から得られる知識は有用であるが、しかし実臨床から学ぶことはそれ以上に多く、継続した研究の必要 性が言われている。漢方は大きく変わりましたが、病態の考え方、漢方治療方法、副作用、研究方法などなど 益々変化していくことを期待して話したいと思います。

 

 

受験単位 1単位 

更新点数 10点

参 加 費  医師・鍼灸師・その他3,000円・薬剤師・看護師2,000円・

学生 無料(学生証確認の上、有料1,000円の場合も有り)

 

事 務 局  六本松漢方内科

〒810-0044福岡市中央区六本松2丁目3-6 SKビル2F

TEL 092-738-5002

E-mail kb.fukuoka-tik@iaa.itkeeper.ne.jp

 

2022年10月04日
令和4年度 第3回日本東洋医学会 福岡・大分・長崎・熊本・宮崎 5県合同県部会

令和4年度第3回日本東洋医学会 福岡・大分・長崎・熊本・宮崎 5県合同県部会

日  時 2023年3月4日(土)15時00分~18時20分

会  場 WEB と会場のハイブリッド開催*予定*九州大学(馬出病院) コラボ・ステーションⅠ 2階

     福岡市東区馬出3-1-1

 

 

教育講演  吉永 亮   演題未定

特別講演Ⅰ 萩原圭祐   演題未定

特別講演Ⅱ 寺澤捷年   演題未定

 

受験単位 1単位 

更新点数 10点

参 加 費  医師・鍼灸師・その他3,000円・薬剤師・看護師2,000円・

学生 無料(学生証確認の上、有料1,000円の場合も有り)

事 務 局  六本松漢方内科

〒810-0044福岡市中央区六本松2丁目3-6 SKビル2F

TEL 092-738-5002

E-mail kb.fukuoka-tik@iaa.itkeeper.ne.jp

2022年09月28日
令和4年度 第1回日本東洋医学会 福岡・大分・長崎・熊本・宮崎 5県合同県部会

令和4年度第1回日本東洋医学会 福岡・大分・長崎・熊本・宮崎 5県合同県部会

日  時 2022年7月3日(日)9時30分~12時50分

会  場 九州大学医学部 コラボステーションⅠ視聴覚室ホール(現地参加は先着30名までとさせていただきます。)

ハイブリッド形式:Zoom ※状況により、WEBでの開催のみの場合あり※

 

終了しました。

 

教育講演 田原英一先生   『少陽病をめぐる謎』 9:30~10:30

少陽の病たる口苦く咽乾き目眩くなり。この半表半裏と呼ばれる部位は一体どこなのか。そして傷寒論における病位の記載順は太陽陽明少陽なのに、教わった順は太陽少陽陽明。どこかに真実は存在するのか?少陽病の謎に挑戦。

 

特別講演Ⅰ 冨澤英明先生   『整形外科医の目線で提案する疼痛漢方マニュアル』 10:30~11:30

“膝痛の第一選択=防已黄耆湯”からの脱却!応用が効く運動器の処方アルゴリズムを学ぼう。①どんな(血行・精神状態)人の②どこ(骨・筋・腱・関節・神経)の③どんな痛みの出方か?診るべきポイントを解説します。

 

休憩・ガイダンス 11:30~12:50

 

特別講演Ⅱ 竹越哲男先生   『困った時こそ漢方で! ー咳とめまいー』 11:30~12:50

コロナ禍。しちゃいけないと思うほど咳が出ます。在宅勤務で座りっぱなしのPC業務。肩が凝ってめまいがします。西洋薬は無効でも、西洋医学的病態を考えて漢方を使えばほとんど治せます。「患者さんも医者も幸せになれる漢方」を皆様と検討・共有したいと思います。

 

 

 

薬剤師の方へ    本会は、PECSの研修実施機関ではございません。

研修単位取得につきましては、ご希望に沿えず申し訳ありません。

受験単位 1単位 

更新点数 10点

参 加 費  医師・鍼灸師・その他3,000円・薬剤師・看護師2,000円・

学生 無料(学生証確認の上、有料1,000円の場合も有り)

事 務 局  六本松漢方内科

〒810-0044福岡市中央区六本松2丁目3-6 SKビル2F

TEL 092-738-5002

E-mail kb.fukuoka-tik@iaa.itkeeper.ne.jp

 

2022年05月26日